フリーランスという選択肢もあり

企業に勤めていれば、所属している組織内での人間関係には常に気配りをしなければなりません。企業によってはその組織の中に複雑な人間関係が存在していて、本来の業務以上に気苦労が多いです。そのような労働環境に悩みを抱えているなら、会社組織から独立するという選択肢もあります。

独立してフリーランスの立場になれば、会社組織の人間関係に悩む事はありません。自身のペースに合わせて自由な働き方ができるのがフリーランスの良い点であり、組織内での人付き合いが苦手という人に向いています。ただし、フリーになって自由な仕事の環境を手に入れる一方で、自身で集客をして必要な業務をこなさなければならない点には注意が必要です。これまで企業に勤めていた頃には人任せにしていた経理や営業活動も、フリーランスになると基本的に自身で全て行わなければならなくなります。フリーの立場になった者の中には、何でも一人で行える点にやりがいを感じられる人物もいて、そのような人はフリーランスの労働環境が向いているでしょう。

一方で企業に属していた方が楽で、専門分野の仕事に専念できると感じるのであれば、また会社員の立場に戻る選択肢もあります。もし企業内での人間関係が苦痛なのであれば、一度はフリーランスを考えてみるといいでしょう。体験してみてこそ分かる事があり、たとえフリーから再び会社員に戻ったとしても得た経験は貴重であり決して無駄ではありません。