労働環境で悩まないために

学生が就職活動が近づくにつれ、自分がどんな職業に就きたいか、どのような仕事をしたいかを必然的に考えることになります。働くことは、自分自身が成長することのつながりますし、やりがいを感じられることも多いでしょう。しかし、現実には働く中でついて悩みやストレスを抱える人々が後をたちません。

日本では、労働基準法によって働く時間や休日など労働条件に関する最低基準を定めらています。しかし、全てが守られているわけではなく、残念ながら暗黙の了解で厳しい労働環境を余儀なくされているケースが多くあります。昔から、日本人の性格として自己主張が少なく周りと合わせてしまう傾向があるのも関係しているように思います。もちろん、協調性があるとも言えますが、「何かおかしい」と感じても口に出せないことは、企業側からみればそれで良しとされてしまうのです。

こうした実情を表すいい例に、有給休暇を取りにくい風潮があります。有休消化率が低い企業であれば、周りの同僚も有休をとっておらず、自分だけ取りたいとは口に出しづらい空気感ができています。また、周りが残業をしているとき、定時になってもなかなか席を立ちにくいこともあるでしょう。こうした空気を読むような働き方を強いられることも、日本の労働のおかしいところではないかと思います。

日本でいう、残業が当たり前という在り方も問題視されています。海外では、「仕事ができる人ほど早く仕事を終える」「男としてきちんと帰って家庭をサポートするのは当然」という見方があり、日本とは雲泥の差があります。ワークライフバランスが問われている今、残業の在り方を変えなければなりません。また、よく耳にするのが残業手当がでないサービス残業。こちらはもちろん違法になるので会社に申告する権利があります。自分にとって、どうすることが一番幸せなのか考え、納得いく働き方ができるようになりましょう。

労働環境に違和感を感じたら声を上げることも大事ですが、できることならはじめから労働者にやさしい職場に就きたいものです。離職率が高くないか、上の管理者たちがきちんとした人たちか等を働く前に見抜くようにしましょう。

▼職を探している人にオススメ▼
http://anatanoshokubakankyo.net/confirmation/